上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は宅建試験の合格発表日でした。

気になる合格基準点はボツ問が1問ありましたが
予想以上に高く「36点」でした。
レックでは当初から33点±1と低く予想していたので
かなり落胆された方も多かったと思います。

問題の難易度自体はそんなに変わらなかったのですが
少しばかりひねった問題が多かったので
低いラインを予想していたのでしょう。
しかし予想に反して合格ラインは36点と7割超のハイレベルです。
受験者全体のレベルが確実に上がっている証拠だと思います。

資格試験全般に言えることですが
近年、宅建試験は本当に難化しています。
合格率こそ変化していませんが
問題は格段に難しくなってきています。
なめてかかったら絶対に落ちます。
そういう試験になったのです。

残念ながら今回不合格の方は
早速、今日から民法の学習を始めて下さい。
そして来年の試験で終わらせてください。
ずるずるやるのが最も危険です。
勉強は辛いですが、苦しめば苦しむほど
合格の喜びは増します。
目標に向って頑張ってください!

昨夜、受講生から下記のメールが届いていました。
全文ではありませんが
「合格通知書が届きました!!・・・
最後まで諦めず頑張って良かったです。・・・
先生の熱心な講義に、本当に助けられました。・・・
本当にありがとうございました。・・・」

講師をやっていて一番嬉しい瞬間です。

9割超は受講生の努力の成果です。
私はごくわずかの残りの部分をお手伝いしただけです。

合格、本当におめでとうございます。
今後のご活躍を期待しております。

にほんブログ村、行政書士部門のランキングに参加中です!
  ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。